株式会社B・ゆらぎ

社会貢献活動 Corporate social contribution

わたしたちは「式部倶楽部」を発足し、日本の文化芸術を振興し、心美しい日本女性を育成することを目的とする社会貢献活動をおこなっています。

式部倶楽部とは

式部倶楽部は、日本の文化芸術を振興し、かつ、日本女性のあるべき姿と自身で着物を着られる日本女性を育成することで、日本人としての輝きを取り戻し、世界に開かれ、活力に満ち、文化の香り豊かな日本を建設し、もって国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを目的とします。

会長 山縣かほり

式部倶楽部の活動内容

私達は、常に優しく美しく健やかな女性でいます。

私達は、日本文化を継承致します。

私達は、着物の着付けや帯の結び方をお互いに学び合います。

私達は、着付けを教えていただいたら、3名には無償でお教え致します。

式部倶楽部の名前の由来

紫式部の名前が由来になります。

平安時代、紫式部によって日本文学の最高傑作とされる「源氏物語」が誕生しました。
「源氏物語」は世界で最古の長編小説であり、1000年余りの時を経てもなお日本人の琴線に触れるだけでなく、世界の人々にも文学の最高峰として親しまれてきました。
紫式部は、漢字ではなく、ひらがなでこの物語を綴り、日本人のやまとごころを表現しました。
紫式部が綴った物語の真髄は「もののあわれ」であるとされ、それは四季の移り変わり、小さきもの、大いなるもの、命あるもの全てを、ありのまま自らの心にしみじみと受け止める、そのような日本人の純粋で素朴な情感をいいます。
日本の究極の美の価値感は、平安時代、紫式部によって文学作品として表現され、今日の多様な世界でも受け入れられているのです。

式部倶楽部は、聡明で自立した女性の先駆者である紫式部が伝えた美の心を、着物を通して現代に活躍する女性リーダーが受け継ぎ、後世に伝えようとするものです。
着物を自身で着る楽しさと着付けを教えあう愛あふれる倶楽部となるようにと、思いを込めました。

会則

1.会員入会は式部倶楽部会員2名の推薦と承認が必要になります。
2.式部倶楽部内での営業活動はなさらないでください。
3.着付けを教えていただいたら3名には、無償で教えて差し上げてください。

以上の会則が実行できない場合には、退会いただきます。

源氏倶楽部について

式部倶楽部では、男性の方のご入会も歓迎致します。源氏倶楽部へご入会ください。

式部倶楽部発足について

日本の女性なら、自分で着物が着たいという気持ちは少なからずあると思います。私自身も、着物を着れないどころか語ることさえできない自分にコンプレックスを感じていました。
今回、山縣かほりさんに手ほどきを受け、自分で着物を着るということが、これほどまでに楽しく、そして日本人としてのアイデンティティや誇りを実感させるものかと感動しています。
気持ちが上がる、所作が変わる、家族が喜ぶ。
サステナブルでストーリーがあるのが着物の魅力だと思います。
実家に眠っている着物があれば、是非着てもらいたい。多くの人に、その感動と楽しさが伝われば嬉しいです。

副会長 竹本エリ

忙しく仕事をし定期的に習い事に通うなんて想像できなかった私が、かほりさんの手解きにより、たった数回学んだだけで、自分で着物を着られるようになった、その感動を今も覚えています。
「自分で着物を着られる」ことの楽しさ。
朝起きて、洋服を着るのと同じように、着物を自分で身に纏えることで生まれる、日本人としてのアイデンティティへの誇り。
この喜びを、活躍する働く女性にも分かち合いたい。
それが、私が式部倶楽部の発起人に名を連ねる理由です。
着物がある日々の豊かさを、ひとりでも多くの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。

副会長 川嶋治子

式部倶楽部 役員

会 長 山縣かほり
副会長 竹本エリ
副会長 川嶋治子
監 事 小野久美子
理事 広報 根岸文枝
理事 海外外交 林麻由美

式部倶楽部 所在地

本 部 〒107-0052 東京都港区赤坂4ー2ー3 ディライトビル2階

福島支部 〒974-8201 福島県いわき市江畑町塙72-19
支部長  小野久美子
副支部長 大久保孝子 矢野千帆

沖縄支部 〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1丁目13−19
支部長  高倉直子
副支部長 宮城裕子

式部倶楽部

活動実績

2022/8 浴衣会@目黒雅叙園

自分で着物を着られる喜び楽しみ。浴衣美人が勢揃い。浴衣姿はとても涼しげ。
素晴らしい螺鈿の間で過ごす時間は優雅で豊かな時間。着物を愛し、優しさ愛溢れる皆さまとの集いはとても有意義で楽しい時間でした。
目黒雅叙園の周りの人達に涼を感じさせてくださいました。
浴衣姿の美しい皆様と美しい螺鈿のお部屋でお庭を眺めながら着物談義で花が咲きました。

式部倶楽部浴衣会1 式部倶楽部浴衣会2 式部倶楽部浴衣会3 式部倶楽部浴衣会4 式部倶楽部浴衣会5

2022/7 沖縄式部倶楽部浴衣会発足

沖縄・壺屋ガーデンハウスを今運営されている高倉直子様、パーソナルトレーナーの宮城裕子先生のお陰で発足しました。
こちら壺屋ガーデンハウスで八名の方々にご参加いただきました。初めて浴衣をご自身で着る方々でしたが、皆様,ちゃんと帯まで締めれました。式部倶楽部では姉妹のようにみんなで教えあいます。
今年の夏は、皆様で浴衣を着て那覇を歩くそうです。

沖縄式部倶楽部発足1 沖縄式部倶楽部発足2

2022/4 お花見会

優しさに包まれたお花見会でした。着物を通じて語り合えるお仲間です。
最初は、散りゆく儚さこそが美しい瞬間の桜の下で。お花見の後は、お部屋の桜を愛でながらお食事会をおこないました。

式部倶楽部お花見会2 式部倶楽部お花見会3 式部倶楽部お花見会4 式部倶楽部お花見会5 式部倶楽部お花見会6 式部倶楽部お花見会7 式部倶楽部お花見会1